• brainheimllc

FLR比率

最終更新: 2019年2月13日

飲食ビジネスに携わる方ならお馴染みのキーワードですね。


あまり詳しくない方のために補足すると、


Fはフードコストの略で原材料費

Lはレイバーコストの略で人件費

Rはレントコストの略で家賃


飲食ビジネスの収益構造の左右する3大コスト費目の事。


巷では、FL比率で6割、FLR比率で7割と言われており、利益管理上の重要な指標とする方が一般的です。


ただし、数字の解釈には注意が必要です。


これはあくまでも、平均的なお店のお話。統計数字を使った経営管理で良くある誤解なんですが、平均値で語れるのはあくまでも全体像で、個別のお店では事情が異なる事を十分理解しておく必要があります。


ナショナルチェーンであれば、同一メニュー、同一オペレーションなので、こういった管理方法でパフォーマンスの優劣を語ることは有効でしょう。でも、個人のお店で、独自の価値を提供することを重視するのであれば、FLR比率の目標設定には慎重になるべきです。


利益を生み出す源泉はコスト計数管理だけではありませんからね。



30回の閲覧

最新記事

すべて表示

スターバックス旗艦店

スターバックスの旗艦店スターバックスリザーブロースタリーが、本日中目黒にオープンとの事。アメリカでは既存店の苦戦を伝えられていますが、打開策になるのかどうか・・・ https://www.starbucks.co.jp/roastery/ サイトやメディアの情報を見ると、 ●お店で焙煎(東京ロースト) ●こだわりの豆選定(単一農場から3種類の豆(パカラマ、カツアイ、ブルボン)を調達 ●5種類の抽出

なぜ成功報酬なのか?

コンサルティングの料金体系は、アワリーチャージ(時間単価課金)、リテイナーフィー(定額課金の顧問契約)のどちらかが一般的です。成功報酬型は、仕入れコストの削減や賃料減額交渉、ITなどの分野で近年導入されてきていますが、こちらは知識や経験の差で効果を出しやすい領域であるという特殊性によるところが大きく、他の領域への広がりは限定的です。 設定単価を決める要素は、ざっくり言って、コンサルタントの市場価値

©2019 by 合同会社ブレインハイム. Proudly created with Wix.com